映画 監督・映像作家

IMG 3295 2

早坂 亮輔(はやざか りょうすけ)

札幌市出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、東京藝術大学映像研究科映画専攻監督領域修了。黒沢清監督に師事し、2012年よりフリーランスの映像監督として数多くの映像作品の企画・演出を手がける。

また、映画監督としてショートフィルム、長編映画を監督し国内外の映画祭にて数多く入選を果たす。2015年、「4/ 猫(ねこぶんのよん)」で商業映画監督としてデビュー。

広告映像をはじめCM、MV、ブランドムービー、映画、様々なジャンルを横断し、国内・海外の有名クライアントのCMディレクターを担当。

スタイリッシュ、ファッショナブル、シネマティックな演出で世界を切り取り、物語や人生を描く。色彩と光を印象的にキャプチャして、カラフルなビジュアルを設計し、視覚的に意味や感情をセンセーショナルに表現する。


【受賞歴】

映画「4/猫(ねこぶんのよん)」テアトル新宿ほか、全国劇場公開

映画「ソクラティック・ラブ」(東京藝術大学修了制作作品) 

渋谷ユーロスペース、新宿ケイズシネマにて劇場公開
TAMA NEW WAVE 入選 / ちば映画祭特別上映 / ビバリーヒルズ映画祭ジャパン長編部門ノミネート / お蔵出し映画祭 2013 コンペティションノミネート 

「NOMADIC CINEMA アカリのさんぽ」
第 25 回東京国際映画祭にて六本木ヒルズ特設スクリーンにて特別イベント上映 / 札幌国際短編映画祭入選

「ギターのはなし」
架空の映画音楽の為の映像コンペティション -[YCAM]10 周年記念祭にノミネート 

「むらとうたう」SKIPシティ国際映画祭にて特別上映

『アイ・オーダー・ユー』/2022年/ショートショートフィルムフェスティバルアジア 入選

『やりたい!を、やってやろう。』/2022年/ショートショートフィルムフェスティバルアジア 入選


Film director

Ryosuke HAYAZAKA

Born in Sapporo.

After graduating from Keio University, he studied under KUROSAWA He has been planning and directing as a video director since 2012.

He continues to create various works as a video director, crossing genres such as advertising, film, and music videos.

As a film director, he has been selected for many film festivals, and made his commercial film debut with “4/ Cat”.


His specialty is to tell stories with stylish and cinematic direction.


山田幸広(Manager)

Phone: 080-1065-6783

Email: yamada(@)filmoq.co.jp

映像ディレクター早坂亮輔へのお仕事のご依頼はこちらまでご連絡ください。


早坂亮輔(Director)

Email: hayazaka(@)filmoq.co.jp

映画 監督